今週の週替わりランチ@枚方店

タクシーに揺られ30分ほどでしょうか。。

「君がGPSになって道を教えてくれ、ははは」
と言われて道を間違えたりして
なんとか到着

初めに到着したのは
バンプラの別館??か、
何やら別の建物でした。
別の建物にも看板には
バンプラと書いてあるので
行かれる方は注意です。


到着は夜9時位だったか、、、

重々しい厳粛な儀式を想像していたけれど

目を疑う光景が!!!

屋外ライブ並みの、
というか
屋外ライブ用の音響システムがあって
トランスな音楽が流れている!!www

ドンドンドンドン
響く4つ打ち重低音!!

偉大なる高僧ルアン・ポープン像は
ネオンに照らされて7色に輝く!!

20170410153015e6f.png




寺の敷地中に散りばめられた色とりどりの
ネオン!
ネオン!!
ネオン!!!

沢山出ている屋台!
漂ういい香り!!

え!屋外用の特大モニターが設置されて
みんなゴロ寝しながら映画鑑賞!
しかも音響が本格的で
映画館でも聞いたことない大爆音!
しかもアクション映画で
爆発音は恐怖すら覚えるレベルww




ナンダコレハwwww


お祭り騒ぎやんwww



想像とまったく違う様子に
拍子抜け。

そのおかげで
緊張がとけて
楽しい気分でお寺の中を
ぶらぶら散策。

やはり気になる
その場で彫ってもらえる
サクヤン(タイの伝統の入墨)。

賑やかなエリアを抜けると
それはありました。

そこは重低音響く音楽は無く
緊張感漂う厳かさ。

黄色い袈裟のお坊さんが
長いロッドを手にして
まさに施術中です。


201704101530161a7.jpg


時々口元が
ぼそぼそぼそ、、、と
何かを呟きます。

それがカタという
入墨のモチーフごとにある
お守りのお経。

一見、張り詰めた空気のように見えて
周囲ではわいわいと賑やかに談笑しています。

必ずしもうるさくしたらいけない、だとか
そうような決まりはなくリラックスした空気の中で
施術できるのがタイスタイル、
過ごしやすい雰囲気が魅力的。

周囲で順番待ちしている人は
数あるデザイン画の中から
好きな柄をワイワイ選んでいます。

きっとこれは最近のサクヤン事情だと思います、
厳格にはサクヤンのデザインや位置は
お坊さんが考えて、
位置も柄ごとに決まっています。
最近では自由度が高まり
デザインも位置も要望を伝えることができるようになってきています。


お寺の中にはこのような
墨入れ場がいたるところに設営されていました。
まるで映画の世界のような
不思議な世界。

20170410153017536.jpg



色々話を聞かせてくれた親切なおじさんが
屋台のごはんは全部無料だよ!
と教えてくれ、
え!!!
びっくり!!

行ってみたら本当に無料!
中には通常の販売の屋台もありましたが
ほぼ9割無料の屋台。
ありがたすぎて
胸がじーーんとしました。


カオトム(おかゆ)をいただきました。

20170410153019c19.jpg


さて問題の泊まる場所です。
もう野宿は覚悟していたので
おじさんに、みんなどこで寝てるのか聞いてみたところ
なんとお寺の中に寝る場所があるとのこと!

ああ、野外じゃないなんて
なんてラッキーなの!
いたれりつくせりじゃない!
ありがたやありがたや!

ここが寝る場所。
2017041015493531f.jpg
建物の2階部分で皆雑魚寝です。
ここで宿泊できることを知っている人は
お泊りグッヅや枕、マット持参!
オイチャンも来年は
お泊りグッヅ持参しようと誓いましたw

写真でちらりと見える1階の野外部分も
沢山の人が寝ていました。

しかも!
無料!!!

もうとことん感謝しかありません!

貴重品を肌身離さず持っていれば
危険なこともありません。


朝になり物音で目が覚めると、
まだ4時というのに皆起きだして外に出て行きます。
そんな早く行く理由がわからないので
とりあえず二度寝しました。

起きて外に出ると
また屋台が沢山!

なんと朝ごはんまで
無料ーーーーー!!

カオマンガイ!!
トッピング自由パクチーもりもり!!!

20170410155940d81.jpg

チャイエン(タイティー)まで
無料ーーーーーー!!!!!

201704101559419cf.jpg

人が増加しまくりで、トイレも30分待ち。


祭典が行われるメインの広場は朝8時前で
もう人びっしり。
4時に起きるのは場所取りのため!!


まだ開始してないのに
憑依される方がちらほら
(サクヤンのモチーフになっている
神様が自分自身に乗り移ると不可思議な
行動をしてしまうという現象)

オイチャンは広場のど真ん中ではなく
最後尾にいましたが
全体像がよく見えるし
木の下で暑くなく
憑依した人が走ってきて衝突するリスクがないので
おすすめスポットです。

いざ祭典が始まると・・・

これが噂の集団憑依・・・!
大人数の人が一気に憑依して
一気に走り出します。

201704101609316c5.png


祭典の最後は
全員でお経を唱えます。

全員が手を合わせているときも
ちらちら憑依。

20170410160933245.png

ちなみに
憑依したら走り出したり暴れるのは
虎や猿などのサクヤンの人。
衝突したら危ないです。

手を腰後ろにまわし
杖をついているのは
ルーシー(仙人)や
ルアンポープン(バンプラで1番有名なお坊さん)の
サクヤンを入れている人で
衝突するリスクはありません。


祭典も終盤、
というときに真横で憑依。
至近距離で見るのは初めてです。

201704101609351fe.jpg

耳の後ろをこすってあげると
憑依が解除されるので
近くにいる人は必死に耳後ろを
こすってあげます。


1時間ぐらいの短い祭典ですが
前日からの色々が濃くて楽しい、
そんな祭典でした。

当日には人があふれ返ってしまうので
ぜひ前日から訪れてみてほしい祭典です。

苦戦したのは帰りのタクシー。

バイクタクシーでは
サラヤまでは遠すぎて行ってくれません。


ソンテウもまあまあ走っていますが
多分ストレートに帰るのは難しいでしょう。


タクシーは思ったより多くなく
つかまえるのに一苦労。

やっとつかまえたタクシーのおっちゃんも
サクヤンをしていて、
話が盛り上がり!!

写真を撮ってもいいかと聞いたら
嬉しそうにいいよーと。

おっちゃんのサクヤンはこちら!
タイ人男性が1番最初に入れるサクヤンとして
一般的な“ガウ・ヨォート”

20170410160935392.jpg

タイに行かれたら
タイ人男性の首の下を見てみてください、
多くの人に入っています。

こんなステキな出会いは
さっそく、ワットバンプラのパワーに
あやかったものではないかと、
そんな不思議な気持ちになった
アメージングな体験でした。


サクヤンについて、
まだまだ知りたいことはいっぱいあるので
また来年も行こうと思っています



この旅ブログはまだまだ続きはあるんです・・

書くかもしれないし
違う話題になるかも。。ですw

お付き合いいただき
ありがとうございます♡




さてーーーーーー
枚方店の
4月12日(水)〜4月17日(月)の週替わりランチは…


大好評!
『バビパンガン(豚肉のスパイシーあぶり焼き)』
です。
DSCF1180.jpg

じっくりタレに漬け込んだあぶり豚はご飯との相性バツグン♪
ちょっぴりスパイシーなレッドカレー風味タイ風コーンの揚げ物
「トーマンカオポーッ」がお供になりました☆☆
白ご飯・スープ付きで¥900(税別)です!!

そして「熱帯週替り麺ランチ」は・・・

ディナーメニューで大人気の麺!!
『バミートムヤムナムサイ(ピリ辛タイラーメン)』¥700(税別)

ナムサイ近影


ピリ辛スープが体の底から元気をくれます。
心地よい酸味もたまりません!♪♪
鶏のカラ揚げor串焼きが選べるライスセット¥200(税別)と一緒にどうぞ!!




週替わり枚方店限定新メニュー


カオパッゲンキョウワーン ¥750(税抜)





通常サイズよりこぶりなサイズなので
女性にもぴったり。


セットのレモングラス鶏唐揚げも、
このヤキメシセットのみの限定!

大人気!+150円(税抜)でスープがミニ麺に!
その麺は人気タイラーメンの
クイッティオナームorバミートムヤムナムサイから選べる!



皆様の笑い声をお待ちしております♪♪




◎熱帯食堂 枚方店◎

ご予約はお気軽にどうぞ♪
電話 072-841-8854

ディナー連日満席が続いております。
土日ランチも混雑しております。
特に小さなお子様連れのご家族様は
お早目のお問い合わせがおすすめです

〒573-0032 枚方市岡東町12 ひらかたサンプラザ3号館3F
枚方市駅東口出口から徒歩約0分
♡全席禁煙♡


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆熱帯食堂☆

Author:☆熱帯食堂☆
サワッディーカー
オームスワスティアストゥ

本格タイ&バリ料理のお店です

コックさんは各国からの腕利き!
調味料やハーブも
現地から取り寄せています
自慢のメニューは

堂々150種類以上!!


熱帯も三店舗になりました♪
高槻&枚方&四条河原町!!

熱気むんむんは変わらず
更に個性的に・・・

各店舗ガッツリ行きますよ~


コップンカー☆
テリマカシ☆

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
熱帯カウンター
QRコード
QRコード