FC2ブログ

バリ紀@ヌイコ

オームスワスティアストゥ(バリヒンドゥー教の挨拶)

バリから帰国してそんなに経ってないのですが
もう随分前の様・・・・・


色んなことがありましたが
また追々面白エピソード追記します!

今回はバリ写真館


「グレイカン(魚の煮込み)」
白身がほろほろで美味しい!!
コレだけで白ごはんOK!!!




「ルジャック(果物などをチリやエビペーストなどで和えたおやつ)」
作ってもらったのは若いマンゴーのルジャック

ミカンやココナッツの果肉、パパイヤ、などなど
ルジャックにはいろんな種類があるのです!!




今回は子犬にモテモテでした。





このすんごいトゲ!!!!
足に刺さって超痛い!!!!

バリ名物「(サラッ(スネークスキンフルーツ)」の木には
こんなトゲが・・・・
売っているサラッは取ってありますが
果物自体にも無数のトゲがあるのです・・・・

果物がなっている写真もあるのですが
あまりに美味しそうじゃないので自粛。
(木の根元の方に固まってなってます、怖い)

美味しいのですよ!!りんごのちょっと渋い味。






ドリアン。大好き!!
もうすぐ食べごろ。
袋で保護してるようで保護されていない!!!

これ、頭上に落ちてきたら死亡ですよね・・・




ジャムウ!!インドネシアの漢方!!
現地では飲むタイプ塗るタイプなど
色々な種類があります。

専門のスタンドも。

味は美味しくは無いです。




このジャムウの材料はこちら・・・
体によさそうなニオイがぷんぷんでしょ?

ウコンやシリの葉や椰子砂糖や・・・もろもろ

ジャムウを白いポーチにぶちまけてしまったのですが
鮮やかな黄色に・・・これも良いかも・・・

いっそ全部染めれば良かったなあ・・・




ジャムウでお腹を整えて
いざ!!ごはん!!!

ここ最近で一番美味しかったナシチャンプル!!
野菜にもしっかり味があって美味しい!!




サテカンビン(ヤギのサテ)
スモーキーな味がタマラナイ!!




グレカンビン(ヤギの内臓入りスープ)
めちゃウマイ!!!
見た目はいつも美味しくなさそうなのがツボ。



ビンタンレモンはアルコール3パーセントで私でもOK!!





エスチャンプルは具沢山かき氷的な
現地では飲み物に近い扱い。




今回は近所の子供とゆっくり時間を過ごしました
皆無邪気で元気一杯!!!
パワーが半端ない!!

そして正装をしてお祈りに行きました。
(真ん中は私ではありません、念のため(笑))



プラ(お寺)はお香の香りとマントラ(お経)が響き
独特の雰囲気が漂っています




あいにくの雨でびしょびしょでしたが
祈る事はよい事ですね
不思議と爽やかな気分です。




あちこちにお供え物があります。
愛おしい感じがします。

精霊信仰とヒンドゥー教が不思議な関係で成立つ
「バリヒンドゥー」興味深い!!




そんなお祈りの後に
何だか物凄い石コレクションを見せて頂き・・・・





超辛いサンバル
「サンバルジョゴール」を食べたり
すんごい美味いのですが
とにかく辛い!!!!




材料、ほぼ唐辛子!!!





鶏を焼くのを手伝ったり
食べたり(それが目的)

なんしか焼きたての
アヤムカンプン(バリの地鶏)は本当に美味しい!!!!



そして夕方にはまた祈って・・・・・
何かほっこりご先祖様像。




イブ(お母さん)と通じない話をしたり
子守をしたり・・・
ごろごろしたり





時間の流れがあやふや
伸び縮みする、時間。

バリでは
「ジャムッカレ」(ゴム時間)と言います。

思わず納得です。



そして最後に

近所にすんごいイケメンがいたので
思わず隠し撮り・・・

どうです?
イケメンでしょ?!?

ちょっと俺様、でも時に優しい
そんな・・・・



とか何とかで

色々なバリでした!
行く度に色んな顔を見せてくれます。


皆様の面白いバリ話聞かせて下さい!!



オーム シャンティシャンティ オーム






幸せ・・・・・・!

こんにちは、再びヌイコです。

先日弾丸でバリに行ってきました。
それは何故か・・・・

何故ならば


元熱帯アルバイト「メオ」の結婚式に参加する為・・!でした!!

海辺のチャペルでの結婚式・・・
幸せの絶頂、私も感極まり号泣。

メオの美しさに溜息・・・

何もかもが幸せに包まれた式でした!

最高にお似合いの二人
これからもずっと輝いていて欲しいなあ

本当におめでとう!!
メオ&ロッキー!!!


201507231315449e1.jpg

アイス大好き!




アイス好きなヌイコです。

高速道路のサービスエリアにあるご当地ソフトクリームは必ず食べます!

そんな私の旅の楽しみは『現地のアイスクリーム』をたべることでゴザイマス!

今回ご紹介しますのはタイの店先で売っていたこのアイス

冷凍庫に裸で入っています、ナイス。。

左上から タロ芋、チョコチップ、モカ
右上から チョコレート、タイ風ぜんざい、もち米……



もち米!?

そう、手前のピンク色ストロベリーと思いきや
何と

もち米!!

何時聞き返しても店のお姉さんは『もち米』と言ってます。。

そして

タイ風ぜんざい味&もち米味を購入。



ウンマッ!!

私のアイス歴上位に入るウマさ!
正直期待して無かったのですが

もち米は控えめの甘さに、ほんのり香ばしい香り
ぜんざいはちゃんとお豆が存在感をかもし出し、食感も良い


侮れない一本でした。

めくるめくサテリリ@ヌイコ

「サテリリ」

皆様ご存知でしょうか?

「サテリリ」は簡単に言うと「バリ風つくね」
材料は鶏、豚、魚と様々ですが
ココナッツのフレークを混ぜ込むのが特徴のひとつ
これで独特の食感としっとり感が出ます。

今回バリでは「豚」のサテリリを

豚さんがお亡くなりになる所から完成に至るまでの一部始終を見てきました。

基本的に、お祭りなどで作られる事が多いサテリリ
作るのは男性の仕事です。

豚様がワッセと運ばれ、あっという間解体され
サテリリ・サテバビ(通常の豚肉のサテ)・ラワール(豚の血入りの和え物の様な物)と
それぞれの使用部位に分けられます。

そして
肉をミンチにするチーム
ハーブ刻みチーム
ココナッツ削りチーム
サテの棒作りチーム(ここから手作りです!)

などなど・・・それぞれの作業に取り掛かります。


水分の抜けたココナッツの内側の白い部分を細く削ります。
(ちなみに、削ったものを水に浸し、絞るとココナッツミルクができます)

サテリリ3


そして、ココナッツとミンチ、ハーブなどを混ぜ混ぜ

サテリリ4

そしてこのミンチを皆でサテの棒にくっつけて行きます

皆さん器用に螺旋を付ける様にお肉を巻きつけて行きます。

サテリリ5



そして焼き作業
豚様解体が夜から始まり
焼きに入る頃、夜が明けてきました・・・皆さんお疲れです。


サテリリ


どんどん焼いて、この日は6~700本のサテリリが作られました。

焼きたてを味見させて貰いましたが、しっとりとしていて
ほんのり甘く、その後にググッと辛味がやって来る!!

「あの豚様が・・・・こんな姿に」
自然の恵みと、余す所無く使われる技と手の込んだ調理法・・

何とも考え深く、いつものサテリリとは一味違う感じがしました。

サテリリ2


うーむ、バリ料理・・
見た目は地味なのになかなか奥が深いぞ!!

まだまだ知らない事がいっぱい!


あー、面白い!!!

バリ食紀行





どどーん!!

この・・・センス!!

全くもって食欲をそそりませんねえ・・

ちなみに、ケーキも売っていてセルフで取るのですが
ふにゃふにゃしてて取りにくい!

でも、崩れると嫌なので何とかパックに入れ成功。


ところが・・!!
レジにて、レジのスタッフが、このパックを

ガッサー!!とパックを真横に袋に入れて「ハイ!!」と・・・

ちょ、ちょとおー!!!!


もう、ヨリ弁というか・・・
外気の暖かさでクリームもユルユルなので
もう、原型を留めていませんでした。


バリめ・・・!!

プロフィール

☆熱帯食堂☆

Author:☆熱帯食堂☆
サワッディーカー
オームスワスティアストゥ

本格タイ&バリ料理のお店です

コックさんは各国からの腕利き!
調味料やハーブも
現地から取り寄せています
自慢のメニューは

堂々150種類以上!!


熱帯も三店舗になりました♪
高槻&枚方&四条河原町!!

熱気むんむんは変わらず
更に個性的に・・・

各店舗ガッツリ行きますよ~


コップンカー☆
テリマカシ☆

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
熱帯カウンター
QRコード
QRコード